スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細引き~

あくまでも私の感想です。
先日、ある手作り雑貨ショップに入ったときのことです。
とんぼ玉のストラップが販売されていました。
私もとんぼ玉の世界に足を踏み入れてまだ日が浅いのですが、どういう作品なのかとか価格帯とか気になって1つ1つ見てました。
そして目に止まった1つのとんぼ玉・・・「ススがはいりまくりだよね・・・、それでこの値段?」というのが正直な感想でした。
黒い帯状のものが螺旋状に入ってました。
とんぼ玉作りをしてなければ、この黒い帯状のものも模様と思ったかもしれません。
きっと模様と思っていたと思います。
が、今はハッキリとわかってしまいます ^^;
ちょっとだましうちをされた気分になってしまいました。
ちょこっと注意書きがあればまた印象も変わったのでしょうけれど。
どこに重きを置くかは作家様の自由なのですけど・・・。
私は形が崩れていてもパーツの模様が崩れていてもそれは手作りの味だと考えています、けどススはねぇ・・・。
何1つまともに出来ない私が偉そうなことを書いてしまいましたが、作品作りで重点を置いているのがいかにススが入らないようにするかなので、そこばかりが気になったのかも知れません・・・。

今日は久しぶりにモレッティで細引きとレース棒を作ってました。
うん、相変わらず硬いね~。
レース棒の引くタイミング、しっかり忘れてるしぃ・・・。
tonbobo_20120328184330.jpg
レース棒の地色はうす~い透明のピンク。
そこに白4本とピンク2本、半透明のブルー2本で線を引いてみました。
ひねりが細かすぎて、何が何やらわからない状態に(涙)
作品に使うと少しはわかるかな。

ランキングに参加中
左のバナーから1つ選んでポチッと一押しよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記   ジャンル : 趣味・実用

難しいですね

私も販売を意識してから、
価格と作品の質は気になってよく見てしまいます。
時々、これでこの値段??と思うものにも稀に遭遇します。

私が一番ショックを受けたのが、
某ガラス雑誌に出ちゃうような有名作家さんの作品でしたが、
埋め込まれたウサギのパーツがヨレヨレなのに高額な値段で販売しているのを見た時です。
正直作りも雑に見えましたし・・・。

私は値段は作家さんが好きに付けちゃってもいいのだと
思っているので上のようでも肯定します。
結局はお客さんが価値を判断して購入するのですから。
見合わない値段を付けて恥をかくのは自分ですもの。

作品とその価値が釣り合っているのかって考えてしまうと、
値段付けってホントに難しいですよね・・・^_^;

長々と失礼しました。










No title

やじゆんさん
有名な作家様の作品でも、そういうことがあったりするのですね。
仰るとおり価格は作家様が自由に決めるものだと私も思っています。
でも、価格をつけるのは難しいですね。

ああ、こういう問題は・・・(>_<)

わたしも多々感じますよ、だから値段をつけるのは難しいですよね(^_^;)!
とんぼ玉は全部同じと思われている場合もあることに対して、本当に憤りを感じます。

実は、過去に私も似たような記事をあげていますよ。(^_^;)↓

とんぼ玉の見分け方法その1(とんぼ玉というのは、ガラス製であることが必須条件! プラスチックなどはとんぼ玉ではありません)
http://plaza.rakuten.co.jp/masumitonbodiary/diary/201005100000/

その2(現代作家のとんぼ玉と、その現状)
http://plaza.rakuten.co.jp/masumitonbodiary/diary/201005240000/

その3(アンティークとんぼ玉について)
http://plaza.rakuten.co.jp/masumitonbodiary/diary/201007010000/

作家としては、妥協を許さない考えでいきたいものです。
お客さまは素人だと考えるのは非常に失礼であり、逆にお客さまはみんな目利きだ!ぐらいに考えた方が良いのではないかと思っています。

わたしも長々、失礼いたしました。

No title

彩ますみさん
ブログ、拝見しました。
プラスチック製でもとんぼ玉とうたっているのには驚きました。
>お客さまは素人だと考えるのは非常に失礼であり、逆にお客さまはみんな目利きだ!ぐらいに考えた方が良いのではないかと思っています。
その通りだと思います。
非公開コメント

プロフィール

kurumi

Author:kurumi
ガラス細工とミニチュア作品を作っています。
ガラスは透明感が好き。
ミニチュアはフード系を作るのも好きですが、1/24サイズで一瞬を切り取ったようなシーンを作るのも大好きです。
どこかに遊び心をいれた作品を作っていきたいと思っています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログランキングに参加中
ポチッと一押しよろしくお願いします。
facebook
Twitter
カテゴリー
リンク
最近の記事
最近のコメント
グリムス
カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。